Hidari Zingaro

2019年5月9日(木) - 2019年6月1日(土)

Clemens Behr 個展「Unsolved Colorless Rubik」

この度Hidari Zingaroでは、クレメンス・ベールの個展を開催致します。
クレメンスは、主に廃材やネオン等、様々な素材を複合的に利用した、立体作品やインスタレーションを中心に制作しているドイツ人作家です。
ドルトムントにある応用科学大学でグラフィックデザインを学んだ後に、ベルリンの芸術大学を卒業し、現在もベルリンを拠点として活動しています。
スケートボードやグラフィティなどの経験をバックボーンに持ち、それらの感性や文法を独自に解釈、再構築した作品を制作しています。

——
Hidari Zingaro is delighted to announce"Unsolved Colorless Rubik", a solo exhibition by Clemens Behr.
Clemens Behr is a German artist who creates installations and three-dimensional works mainly using various materials such as scrap wood and neon.
He studied Graphic Design at the University of Applied Sciences and Arts Dortmund,
Germany then he graduated from the University of Art in Berlin, Germany, and is currently based in Berlin.
He has a background in skateboarding and graffiti experience, and creates works that have their own sensibility and grammar interpreted and reconstructed.

作家ステイトメント

消失しては再び現れ、空間またはその断片を更に細かく砕き、できたかけらを寄せ集めてまた新しい何かを生み出していく。
ひとつひとつの作品とそれらの展示から成る本展が、それが組み込まれているところの空間をテーマにしていることは明白だ。
そこでは反射と砕けたホワイト・キューブの壁の再現を通して、全体の量感がまるでルービック・キューブのように転換し、向きを変えて逃げていく。

ばらばらになったエル・リシツキーの《プロウン・ルーム》が入り口を通り抜けて出口の方へと反復的に折り返しながら絶え間なく姿を変えていくように、この空間は立ちすくんでいるのだと我々は悟るが、それが構築されるさなかにあるのか、破壊されるさなかにあるのかはわからない。

Dissapear in reappearance, break a space or its usual fragments into smaller splinters and reassemble them into new.
With its single pieces and their installation, the exhibition obviously deals with the space it is build in.
It likes a rubik’s cube the whole volume is shifted and spinning away through the use of reflections and recreated broken walls of the white cube.
Likes a broken "Lissitzkys Proun" Room ever changing in every looped return through its entrance towards its own exit, we find this one frozen not knowing if its being built or destroyed.

会期

2019年 5月9日(木) – 6月1日(土)
12:00-19:00
※レセプション 5月9日(木)18:00~予定
※水曜定休

Clemens Behr
Clemens Behr
クレメンス・ベール

1985年 ドイツ コブレンツ生まれ

クレメンス・ベールの作品は、ミニマリズム的であると同時に混沌としている。
洗練された抽象的な線が完璧なバランスを保ちながらも詩的な流動性を持つ構成のなかから浮かび上がってくる一方で、
ありふれた建築材を用いることによってそこにモダニスト的かつポスト産業化的な趣が加わり、
その対照性が彼の構築物を生き生きとしたものに見せている。
制作を特徴づける構成主義的な着想は素材へのコンセプチュアルなアプローチと対比を成すかのように並び、
彼の芸術言語が帯びる厳しさは彼の手によって芸術へと姿を変えられたありふれた物体と、独特なかたちで衝突する。

事実、ベールの作品は物体と強く結びついており、ベールが職人的技巧および素材との間に有している関係性は、彼の制作の中枢を担っている。そこではネオン管や木材、金属、ガラス、そして鏡といった建築材やむき出しの表面が、考え抜かれた組み合わせとやり方をもって並置され、新たな命を吹き込まれているのだ。
(ネヴェン・ギャラリー)

——
"Clemens Behr’s art is minimalistic and chaotic at once,
elegant abstract lines emerge from the perfectly balanced but poetically dynamic
compositions while the everyday building materials he uses bring a modernist and post-industrialised look to his oeuvre which warms by contrast the soul of his constructions.
The Constructivist ideas that inform his production are juxtaposed to a conceptual approach to materials as the austerity of his art language clashes in a unique way with the everyday objects which are bent into art by his hands.
In fact, the nature of his works is strongly object-related and his relationship with craftsmanship and materials is a focal point of his practice where building materials and bare surfaces likes neon lights, wood, metal, glass and mirrors find a new life in their thoughtful juxtaposition."(Nevven)